「(仮称)ニトリ下関店」山口県下関市に2024年5月出店 / JR「梶栗郷台地駅」北西約400m ザ・ビッグ跡地

ニトリが山口県下関市に「(仮称)ニトリ下関店」を2024年5月出店します。計画地はJR山陰本線「梶栗郷台地駅」から北西約400m、旧「ザ・ビッグ安岡店」跡地です。

ニトリ 山口県に出店計画書

ニトリは山口県に「(仮称)ニトリ下関店」の出店計画書を提出、計画書による住所は下関市梶栗町四丁目3番33外、第二種住居地域で、県道248号(下関南安岡)線に面しており、敷地北側と南側、西側を市道が囲んでいます。

敷地面積は7,079㎡、建物は鉄骨造2階建て・建築面積2,625㎡、1・2階共にニトリの売場となります。店舗面積は1階が2,046㎡、2階は2,079㎡、計4,125㎡です。

建物西側に平面駐車場を設置し60台を収容、出入口を県道側と北側の市道「安岡梶栗町15号線」側に配置します。

営業時間は午前9時~午後9時まで、今年8月中旬に着工予定としています。

周辺の店舗と旧「ザ・ビッグ安岡店」について

「(仮称)ニトリ下関店」から北西約200mの国道191号線沿いには丸久の「アルク安岡ショッピングセンター」が立地、また「ワークマンプラス 下関安岡店」「マルショク安岡店」「ドラッグコスモス富任店」などの商業施設が点在しています。

計画地は現在更地となっていますが、かつて営業をおこなっていた「「ザ・ビッグ安岡店」は「ジャスコ安岡店」として1989年に地上3階建てのGMS(総合スーパー)としてオープンし、2011年3月のイオン再編により店舗名は「イオン安岡店」へ。その後マックスバリュ西日本が運営を行う「ザ・ビッグ」業態としてリニューアルされました。同店は2020年9月に閉店し、同年10月「イオン綾羅木ショッピングセンター」内に「ザ・ビッグ綾羅木店」として移転しています。

南約1㎞に「コーナンPRO」出店予定

さて、ニトリ計画地から県道248号線沿いに南へ約1㎞では「(仮称)コーナンPRO下関綾羅木店」の出店が予定されています。大店立地法の届出によると住所は下関市綾羅木新町四丁目193の1、店舗面積は1,722㎡、駐車台数33台、今年11月を新設予定日としています。

-出店計画
-, , , , , , , , , , , , ,